■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
養生のツボ


こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です(^-^)/

今日からツボを使った治療のお話をしていこうと思います。


今日は
【養生のツボ】
足三里 ・ 気海 ・ 壇中
の3つです。

ツボの詳細は下です↓

これは健康な状態の方にオススメのツボです。
健康な状態なのになんで治療の話?
なんて思う方もいるかもしれませんが、健康だからこそ
その健康を維持するために養生しておくことが大事なんですよ(´∀`)
ちなみに僕はツボへの温灸をおすすめします。

「健康な状態って?」
健康な状態とは、怪我や病気をしてない・悩みやイライラがない・環境に不満がない状態です。

このツボ達を使うと主に消化器・泌尿器・呼吸器の働きがよくなります。
食べ物を食べて栄養を吸収する・酸素を吸って酸素栄養を届ける・水分の調節をする
という命の維持に絶対大事なところを助けてあげるツボですね。


ツボの説明

「足三里」
足三里

このツボは、
消化器の動きを助けてあげる・消化器の吸収を助けてあげる・むくみをとる
風邪を早く治す
働きがあります。

専門的には祛邪防病・通調経絡気血・健脾和胃・疏風化湿・和腸消滞なんて言います。

「気海」
気海

このツボは、
身体の元気を補ってあげる・体を温める
働きがあります。

専門的には、補腎・補気・昇陽・温下焦と言います。

「壇中」
壇中

このツボは
胸が開くようになる・息が吸いやすくなる・栄養が身体に回りやすくする
むくみをとる
働きがあります。

専門的には、寛胸利膈・宣肺降逆・化痰といいます。



スポンサーサイト
健康 | 00:18:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
人生を考える



こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

治療をしていると、色々な方と合います。

そして、その方の人生を考えます。

例えば、
その方にとっては、「腰が痛い」という悩みがあるとすると

どんなときに腰が痛いんだろう

仕事は大丈夫かな?

仕事は何をしているんだろう

この方の腰痛が悪化して仕事ができなくなってはまずいな

ご家族はいるのかな?

子供がいれば抱っことかも辛いよな…

子供が大きくなればもっと辛くなるな

趣味や好きな事はできているのかな?


なんて、

その方が今どんなことで困っているのか、そして今後どんなことで困ってしまうのか

だから、

今しっかり治しておかないといけないんです。

その方の3年後、5年後、10年後まで深く深く考えて治療をしていきたいと思っています。

そのためにも、僕は勉強勉強の日々を過ごしています。


少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

健康 | 22:28:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
内臓の大きさ



こんにちは!
先日の月曜日はバタバタしてしまい、ブログの更新ができませんでした(・_・;)
患者さんの為の調べ物が忙しくて…言いわけです(・_・;)
気をつけます!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

まず、今回の話は内臓の話をします。場所や大きさが分かりやすいように内臓のイラストを載せています。
イラストにしてますが、内臓が苦手な方は戻ってください


    
↑いつも見て頂いてありがとうございます!
ブログランキングに参加しました(@^^)/~~~クリックして応援して頂けると嬉しいです!

今日は、先日あった患者さんからの質問についてを
載せていきたいと思います。


患者さんからこんな質問がありました。
「腎臓に親指程度の膿包があるらしいのよ、結構大きいわよね?」

「そもそも腎臓ってどのくらいなの?」

そりゃそうですよね。なにか異物があるっていっても、そもそも臓器の大きさ
分からないと相対的に大きいのか小さいのかも分からないし…
お医者さんに「小さいから大丈夫ですよ」って言われても異物があるだけで心配ですもんね

そこで今日は、
内臓大きさについて。

身体の中と内臓がどのようについているかを診ていきましょう

naizou.jpg naizou hyou 


なんとなくわかりました?
身体の画像が見ずらい場合は、画像をクリックしてくださいね(^v^)


身体のことを知ることは、色々な不安を取り除くことにつながります。
今回の場合のような、「膿包がある」なんて言われて不安になった方などいましたら、
まずこの臓器ってどのくらいの大きさなんだっけ?と見て頂ければ幸いです


もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

健康 | 23:06:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
陽虚症状



こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

体質タイプのご紹介

陽虚

陽虚タイプとは、
一言で表すと寒がりタイプの人です。
この陽虚タイプの方はこんな症状が出やすいとされています。


寒気・寒がり
身体がだるい
力がでない
息切れ
ため息
ジトっとした汗をかく
顔色が白い
食べ物を食べても味を感じづらい
喉が渇かない
おしっこの色が透明
うんちは出るが量が少ししかでない。




これがなぜ起きるかというと、
元々の体質や病気を患うなどをしたことで、
内蔵の機能が落ちてしまい、
身体を温める機能が弱ってしまうことでおこります。


こういった方には
温陽
といって身体を温める力を補う治療が必要です


もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

健康 | 14:35:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
治療への思い

私は
治療にくる方々が私と合うことを一つのターニングポイントになる
と思っています。
例えていうなら、線路の切り替え

img_4.jpg

身体は消耗品です。
15年 生活して使えば張りが出ます。
30年 生活すれば不調が出始めます。
45年 生活すれば病気や症状が出始めます…
と、進んで行ってしまうのです。

ただ、治療をきっかけに
身体を労わる時間が作れるようになれば…
メンテナンスできれば…
体調不良が出る前に対処できれば…

いずれも不調や症状をでること・病気が出ること自体がなくなり
健康な体でいられるんです!

それは治療を受けたことで、その方の人生が大きく変わりますよね(^^)

症状がでるまえに身体は色々なサインを出しています。

例えば、
肉離れを遡っていくと
肉離れ→急激な体への負担→筋肉の柔軟性不足→睡眠不足or長時間の同一姿勢

例えば、
生理痛が強い方
強い生理痛→排卵に対して血不足or卵胞の動き不足→ストレスによる身体が固まる→ストレス発散ができていない

など、症状を出す元々の原因は全く関係ないと感じるところに
あるのです。

症状をきっかけに、身体の不調の元になっているところをしっかりと治療する

そんな治療をすることで、治療を受けた方が今より素敵な生活ができるように
治療をしています。


だから、僕の治療は患者さんと相談しながら進めていきます。
なんでも話してください(^^♪

kane2458@gmail.com

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

健康 | 11:46:34 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。