■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
治療を行っていると、こんなことも…



こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

僕は職業柄ですが、常に自分の体調を気にするようにしています。
ちなみに今日は、昨日・一昨日と仕事を11時までしていたので疲れ気味(・_・;)
自分の体調が悪いと、
良い表情が出来ない・顔が疲れ気味になる・気持ちに余裕が無くイライラしやすい・
集中力が欠ける・良い発想が出来ない

なーんて悪いことだらけ…

しかも、自分で気にしておかないと、体調が悪いことに気付かない!!
割と皆さんそうなんじゃないかな…

治療をしていると、
疲れが抜けやすくなり、こういったことも改善してきやすくなります。

つまり、
良い表情が出来ない・顔が疲れ気味になる → 若々しくなった・顔がすっきりする
気持ちに余裕が無くイライラしやすい → イライラしなくなった・楽しみが増えた
集中力が欠ける・良い発想が出来ない → 色々な物事が考えられる様になった

こんな感じに改善されていきます。


こういう事を知って、身体が良い状態に向かうと、
皆さんもっと素敵な人になれるんじゃないかな―
と常に思っています。

そして皆さんの人生が楽しめるように、お手伝いをしていきたいなーと
思っています(^^)


今日は、僕も自分にお灸をして早く寝ます

おやすみなさい

少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com

スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

治療の話 | 23:57:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
良い治療の結果は後に分かる!



こんにちは!
忙しい日々ですが、なるべく色々な考え方を取り入れたくて、
色々な本を読みます。
今は「針灸の歴史」という本を読んでます。
東洋医学の考え方って紀元前からあるんですよ。すごいですよねー
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です


さて、今回は鍼灸治療の効果についてお話します。


鍼灸の効果の出方は様々ですが、
鍼灸をやってみようと思って頂ける患者さんの多くは
少しずつ効果が出てくる方が多いです。

東洋医学の思想には
「急性症状は早く良くなり、慢性症状は少しずつ良くなる」
という考え方があります。

鍼灸を受ける方の多くは
一度病院に行ってみて治療したけど治らなかった
治ると思って様子をみていたけど治らなかった
など、少し期間をあけていることが多いです。

そういった場合は症状が慢性化しているため、症状はゆっくり治っていく傾向が多いのです。


治療の効果は必ず後からついてきます!
そして、その効果はこの先10年・20年後にも必ず「あの時治療しといてよかった!」
と思えるものになります。

先生を信じて治療を受けてもらいたいと思います。


少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

治療の話 | 22:52:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
東洋医学と西洋医学



こんにちは!
ここのところ台風がきますね(・_・;)
5月の台風って珍しいですが、2回も来るとは。
そういう例年と違う時って体調崩しやすいので、皆様もくれぐれもご自愛ください。
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です


↑いつも見て頂いてありがとうございます!
ブログランキングに参加しました(@^^)/~~~クリックして応援して頂けると嬉しいです!


さて、本日は
西洋医学と東洋医学の得意分野を分けていきたいと思います。

何故分けるかというと、
それぞれの得意分野を知ることで上手に2つの医学を使って健康に過ごしてもらいたいからです。


○西洋医学
西洋医学は、病気や異常を見えるようにすることが得意です。
そして、急性症状や原因が分かっているものを「取り除く」ことが得意です。

血液検査・レントゲン・MRI・聴力検査など検査をすると正常と異常に分けて考えます。
そこから病気になる可能性・病気の原因などを探ります。

治療法では、検査の診断により目的をハッキリとさせ治療していきます。
血圧が高ければ降圧剤
熱が高ければ解熱剤
ホルモンが少なければホルモン剤
という感じですね。
即効性があるため症状を早く治めることが出来ます

○東洋医学
東洋医学は身体のバランスを整えるのが得意なため、
専門分野に分かれてはいませんが全般的に治療することが出来ます。
「見えないもの」の治療も得意です。
「見えないもの」というのは不調のことです。

この不調が
西洋医学でいう検査数値の異常でなくとも、
レントゲンに異常が無くとも、
原因が分からなくとも
話を聞きながら・身体のサインを診ながら治療できます。

そして治療は「症状を取り除く」のではなく、
「症状を出さない元気な身体」にしていきます。

元気な身体を取り戻すことで副作用なく治療することが出来ます(^^)


2つの医学の得意なところを理解し、
自身の状態にあった治療方法を選んで頂ければと思います

イラストで説明するとより分かりやすいのですが、作成する時間がないため、今度のっけますね(^^)


少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com

治療の話 | 23:33:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
身体の調子のお話



こんにちは!
GW良い天気が続いていますね
お休みの方は引き続きお楽しみください(^^)
私はというと、なんと!GW中休みが祝日とかぶることない!
ということになってます
皆様が元気になるようにもりもり治療しますよー!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

  
↑いつも見て頂いてありがとうございます!
ブログランキングに参加しました(@^^)/~~~クリックして応援して頂けると嬉しいです!



今日は、身体の調子のお話。を少し書こうと思います。


身体の調子を大きく分けると3段階に分かれます。
○悪い状態
○普通の状態(健康な状態)
○好調な状態(健康な状態)


そんな事かよ!!
って思うかもしれませんが、自身がどのような状態であるのか
知っているという事は重要な事です(^^)
そして、この状態によって最適な治療方法が違います



◎悪い状態
多くの人は、今「悪い状態」にいると思います。
というのは、この「悪い状態」というのが、健康でないときのことを表すからです。

健康な時とは、その人によって感覚が違いますが、

痛みや悩みが無い ・ 検査に異常が無い ・ 病気を持っていない

という3つが揃っていて、やっと「健康」と多くの人は言います。
「健康」というのは山の頂上のようなものなんです。
頂上だけが「健康」、それ以外は「不健康」
この「悪い状態」の方の治療には、私は鍼やお灸をおすすめします。
私がこのブログで書いているように、鍼やお灸では様々な状態の治療が出来るからです。

yama.jpg

◎普通の状態(健康な状態)
普通の状態(健康な状態)にはずっといたいものです。
ただし、何もしていないと歳をとっていくことで、悪い状態になっていってしまいます。
悪い状態にならないためにも運動や、定期的なセルフケア(鍼やお灸・マッサージなど)・食事に気をつける
という配慮が必要になります。

◎好調な状態(健康な状態)
この状態に入るためには、運動は必要不可欠だと思います。
さらに自分がやりたいこと、目標があるといいですね(^v^)
どういうことに対して好調か分かると実感しやすいですから。

特に、運動している方は「こういう動きをしたい」というのがあると良いです。
この状態にさせるには、私は鍼かマッサージを行います


自身がどういう状態かを把握して、健康な状態にしていきたいですね


少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

治療の話 | 22:26:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
不通則痛 という考え方




こんにちは!
接骨院で治療をしていますが、
だんだんと鍼の患者さんが増えてきました。
鍼を受ける患者さんの多くは、
「検査で異常が診られない」「現代の医学では分からないことが多いため様子見」
など、などとても辛い思いをしている方が多いです。
その方の力に少しでもなれるよう、頑張ります!!!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です


    
↑いつも見て頂いてありがとうございます!
ブログランキングに参加しました(@^^)/~~~クリックして応援して頂けると嬉しいです!


今日は、
痛みや症状がなぜ出るかを、
東洋医学の考えに基づいて話していこうと思います。


東洋医学では「気」が身体を巡っていると考えています。
この「気」の巡りが悪くなってしまうと痛みがでてしまいます


この「気」とは、栄養と同じです。

気がぐるぐる身体を巡っているから、身体が健康というわけです、

イメージは流れるプールですかね(^v^)

kinonagare.jpg


この「気」が正常に動くことが健康であることの条件です。

このことをもう少し詳しくみると、
①気の量があること
 プールの例で言うと、流れるプール自体に水がたっぷりあること
 水が少ないと流れが悪くなってしまいます。
 水【気】の量が少ないことを気虚(ききょ)と言います。

②流す力があること
 流れるプールでいう、流す力です。
 これがないと流れが無くなり、水【気】が巡らなくなってしまいます。
 水【気】が流れなくなってしまう事を気滞(きたい)と言います。


東洋医学では痛みが出るとき・症状が出るときに
「不通則痛」という、
(気が)通らなくなると、痛みがでます
という考え方があるのです。

これが、東洋医学でいう痛みの出方です。
シンプルですよね(笑)


簡単な説明だけにしておきますが、
この気の流れを良くしてあげると、痛みは取れます


もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

治療の話 | 23:37:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。