■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【まとめ】汗を異常にかく

東洋医学的な汗を異常にかく状態(自汗と分類されるもの)に関して記載してきました。
一通りのタイプがご紹介できたので、まとめておきますね。

【東洋医学でみた汗を異常に状態】
からだが火照る状態の治療をする際に、東洋医学では身体全体の症状も診ていきます。t
そのときに随伴症状としてでてきているもので、汗を異常にかく状態の種類が違うのです。
自分の汗を異常にかく状態がどのタイプかを把握しましょう。
どのタイプの汗を異常にかく状態なのかによって治療方法が違ってきますよ(^^)

タイプ別の汗を異常にかく状態
体が弱っている時の異常に汗をかく状態

風邪のひきはじめにかく汗

高熱の時に出る汗

暑さでバテテいる時にかく汗

常に汗をかいている状態

汗を異常にかく・さらに冷えやすい



少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com

スポンサーサイト
全身の症状 | 11:36:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
【汗を異常にかく】汗をかきやすい・さらに冷えやすい人の状態

こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

今日は、
汗をかきやすく身体が冷えやすい人の状態についてかいていきますね。


汗のかき方の特徴として
○ジトッとした汗をかく
○動くとひどくなる


そのほかに
○手足が冷たい・冷える
○食事の時にあまり多くは食べない
○お腹が張る
○お腹を下しやすい
○腰や膝が弱い

という症状が同時にでているものが多い状態を

東洋医学では陽虚自汗といいます。



状態を簡単に説明
身体を温める機能や汗を抑える機能が低下してしまい
通常なら抑えられる汗が漏れ出てしまいます。
内臓では腎や脾が関わってきます。

治し方
温陽斂陰といって、身体を温める機能を戻し汗が漏れ出ないようにします。

セルフケア
ホットパックなどでお腹を温めておくと良いでしょう。
このタイプの方の場合、身体を温める機能が落ちているため、
内臓を温め機能させてあげることで、
本来の身体を温める機能を戻してあげます。



少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com


全身の症状 | 12:31:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
【汗を異常にかく】常に汗をかいている状態



こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

今日は、
常に汗をかいてしまっている状態の方についてかいていきますね。


汗のかき方の特徴として
○常にジトッとした汗をかいている
○動くとひどくなる

そのほかに
○寒いのが苦手
○呼吸が浅い
○息切れする
○倦怠感がつよい
○声に力が無い
○風を引きやすい

という症状が同時にでているものが多い状態を

東洋医学では気虚自汗といいます。

asekaki.jpg



状態を簡単に説明
身体が疲れてしまっており、汗腺が上手く働かず
汗を抑えることが出来ていない状態です。
臓腑では、肺や心の調子が関わってきます。

治し方
補気という身体の元気を補う方法と、
固表止汗という汗を止める方法を行います。

セルフケア
呼吸と汗のかき方は関わりがあるので、深呼吸が良いでしょう。
特に気虚自汗の方の呼吸は浅い傾向にあるので、
深い呼吸をすると少しずつ身体の状態が変わってきますよ(^^)




少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com

全身の症状 | 10:34:37 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。