■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
風邪を引いている人・ひきやすい人おススメのツボ

こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です(^-^)/

今日は

【風邪をひいている人・ひきやすい人】におススメのツボ。


曲池・肺兪
の2つです。
このツボをお灸する。出来ない場合は温める。
と良いでしょう。
ツボの詳細は下です↓
前回紹介した養生3穴と合わせて使うとさらに効果的です。

今回紹介したツボは、
風邪をひいたときに出やすい
悪寒・発熱・風が身体にあたるのが嫌・ジトジトとした汗をかく
倦怠感・息切れ・喋るのがだるい
という初期症状を感じている方におすすめです。

このツボを使う事で、これから風邪が身体に侵入しようとしている
ところを阻止し、風邪がひどくなるのを防ぎ、治りを早くすることが出来ます。
逆に風邪が身体に侵入すると、吐き気・鼻水・腹痛・下痢・咳などの呼吸器系・
消化器系の症状がでてきます。


「曲池」
kyokuti.jpg 
このツボは風邪・熱を発散させるツボです。
また、むくみをひかせたり、身体の栄養調整をしてくれるツボです。

専門的には、疏風・清熱・利湿・調和気血なんていいます。

「肺兪」
haiyu_mb.gif 
このツボは、
呼吸器の機能を向上させてあげる・熱を下げる・咳を止める
アトピー・喘息にも良いツボです。

専門的には調肺気・和営血・清虚熱といいます。

特に風邪を繰り返しひきやすい方は、
このツボにお灸を日常的にする習慣をつけてあげると
風邪をひきづらくなりますよ(^^)

元気な毎日を過ごしましょう


少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com


スポンサーサイト
未分類 | 12:07:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
養生のツボ


こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です(^-^)/

今日からツボを使った治療のお話をしていこうと思います。


今日は
【養生のツボ】
足三里 ・ 気海 ・ 壇中
の3つです。

ツボの詳細は下です↓

これは健康な状態の方にオススメのツボです。
健康な状態なのになんで治療の話?
なんて思う方もいるかもしれませんが、健康だからこそ
その健康を維持するために養生しておくことが大事なんですよ(´∀`)
ちなみに僕はツボへの温灸をおすすめします。

「健康な状態って?」
健康な状態とは、怪我や病気をしてない・悩みやイライラがない・環境に不満がない状態です。

このツボ達を使うと主に消化器・泌尿器・呼吸器の働きがよくなります。
食べ物を食べて栄養を吸収する・酸素を吸って酸素栄養を届ける・水分の調節をする
という命の維持に絶対大事なところを助けてあげるツボですね。


ツボの説明

「足三里」
足三里

このツボは、
消化器の動きを助けてあげる・消化器の吸収を助けてあげる・むくみをとる
風邪を早く治す
働きがあります。

専門的には祛邪防病・通調経絡気血・健脾和胃・疏風化湿・和腸消滞なんて言います。

「気海」
気海

このツボは、
身体の元気を補ってあげる・体を温める
働きがあります。

専門的には、補腎・補気・昇陽・温下焦と言います。

「壇中」
壇中

このツボは
胸が開くようになる・息が吸いやすくなる・栄養が身体に回りやすくする
むくみをとる
働きがあります。

専門的には、寛胸利膈・宣肺降逆・化痰といいます。



健康 | 00:18:10 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。