■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
風邪を引きやすい・乾燥肌の肺タイプ



こんにちは!
最近、超音波治療器を腰に当てると腰が軽くなることを実感しました。
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です


風邪をひきやすかったり、よく寒気がする方はこのタイプの可能性高いです!!

今日は臓器体質タイプ
 肺虚
についてご紹介!

肺虚の方はこのような症状がでやすいです。
○風邪をひきやすい
○咳がでやすい
○汗をかかない
○汗がとまらない
○呼吸がしずらい
○息切れ
○胸がはれない
○よく寒気がする
○皮膚がかゆい
○乾燥肌
○鼻づまり・鼻水
○嗅覚の異常

などなどです。

hikyo.jpg



なぜこのような症状が起こるかというと、東洋医学では肺は
○呼吸を調整している
○気( 栄養ととらえて下さい )を全身に送っている
○身体の水分量を調節している

といわれています。
これは西洋医学と似ていますね^_^


特に、肺の機能が弱ると
呼吸機能が落ちてしまい、呼吸がしずらくなります。咳などもでやすいです。
さらに、全身に気(栄養)を送れなくなり、抵抗力の低下、つまり
風邪を引きやすくなってしまったり、鼻水や鼻づまりがでてきます。
身体の水分量の調整が上手くできないがために、汗が止まらなかったり、
逆に汗をかかなくなってしまったりします。


このような方には
補肺
といって肺の働きを正常にしていく必要があります



もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com
スポンサーサイト


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

全身の症状 | 00:55:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。