FC2ブログ
 
■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【疲れやすい】甲状腺機能低下症を東洋医学で治す




こんにちは!
ネットで初めて、本を購入してみました。
自宅のポストに勝手に読んでみたい本が入っているので便利ですねぇ
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です


さてさて、それでは体質分けができる準備ができたので、
今日から、色々な病気や症状について、そしてその症状の東洋医学での治し方
を書いていきたいと思います!(^^)!
さらに、特にこれからは「疲れやすい」という症状に注目しながら書いていきます!!

今日は、甲状腺機能低下症について

甲状腺機能低下症では、
○疲れやすい
○思考力が落ちる
○喋る時にゆっくりになる(言語緩慢)
○毛が抜ける
○汗をかきずらい
○乾燥肌
○寒がり
○筋力が落ちる
○便秘
○徐脈
○貧血
○生理の血の量が多い


さらに粘液水腫という状態が出ると、
○まぶたのむくみ
○表情が無くなる
○口・舌がむくむ
○声が枯れる(嗄声)
○耳が聞こえずらい(難聴)


kouzyousenn.gif


一口に甲状腺機能低下症といっても、症状は人それぞれです。

これを東洋医学的に診ていきましょう

まずは、内臓の体質を分けると、症状の出方として、
脾虚
肺虚
腎虚
の症状の出方が多くなります。

そして全身の体質でみると、
血虚
陽虚
痰湿
の症状が多くなります。

そして、これを組み合わせると
脾陽虚・脾虚湿困・肺陽虚・腎陽虚・腎陽虚水泛の5種類となり
さらに、内臓の弱り方が2つ重なる
脾肺気虚・脾腎陽虚・肺腎陽虚3種類を合わせ。

8種類のタイプ別に治療していきます。
(あくまで、今あげた症状の話ですからね!本当なら患者さんをもっと診ますよ^_^)

ひとえに甲状腺機能低下症といっても、
東洋医学ではこれだけ細かく身体の状態をみながら治療することが出来ます。

だからこそ、対症療法ではなく、根本から治すことが出来ますよ(^^)


さて、今回は甲状腺機能低下症の東洋医学の治療法を紹介しましたが、
次回は甲状腺機能低下症はなぜ起こってしまうのかを書いていきますね
スポンサーサイト


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

分泌異常の症状 | 16:12:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。