FC2ブログ
 
■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【疲れやすい】甲状腺機能亢進症を東洋医学で治す



こんにちは!
年が明けて、診療が始りました。
休みを挟むと、患者さんの状態が変わっていないかドキドキ…
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です


今日は甲状腺機能亢進症という病気に関してお話。


甲状腺機能亢進症では、
○動悸
○息切れ
○全身倦怠感
○食欲亢進
○体重減少
○排便回数の増加
○筋力低下
○多汗
○振戦
○易疲労感
○瀕脈

がみられます。

kouzyousennkinoukousinnsyou.jpg

これを東洋医学的にみていきましょう。

まずは内臓の体質をみていくと、
○肝タイプ
○心タイプ
の症状の出方が多いですね。

さらに全身の体質でみると、
○血虚
○気滞

の症状が多くなります。

これを組み合わせると、
肝血虚・心血虚・肝気鬱滞の3種類と
さらに内臓の弱り方が2つ重なる、
心肝血虚の1種類を合わせ。

甲状腺機能亢進症をさらに4種類のタイプ別に治療することが出来ます。
(あくまで、今あげた症状の話ですからね!本当なら患者さんをもっと診ますよ^_^)

なぜ甲状腺機能亢進症では、上記であげた症状が出てくるかは、
前回の記事、
甲状腺機能低下症とは…?
に甲状腺のホルモンの働きを記載しています。
この甲状腺ホルモンが過剰に出てしまうため、という説明になるため、前回の記事を参照にしてください。



もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com
スポンサーサイト


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

分泌異常の症状 | 23:39:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。