FC2ブログ
 
■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【めまい】手足のほてりや寝れない方




こんにちは!
今回は雪が降りませんでしたね。
雪が降ると、交通網もダメージが大きく
皆様の身体にもダメージが大きいので心配になります
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です


↑ブログランキングというものに参加してみました!良かったら押して下さーい

さて、今日は東洋医学でみるめまい
手足の火照っていたり・夜寝れない方はご注意です。

めまいと同時に、
○ドライアイ
○手足の火照り
○寝れない
○怒りやすい
○夢を多く見る
○寝汗をよくかく
○胸がざわつく
○口が苦い
○よく口の中が乾く
という方は、
東洋医学でみると肝陰虚陽亢症によるめまい、とされています。

簡単にご説明すると、
身体を上手く冷やすことが出来ていないタイプです。
水分不足や血行不良のタイプともいえますね。
このタイプは結局は、前回載せた肝陽上亢症がでます。
身体が上手く冷やすことが出来ないと、相対的に身体の中に熱が溜まってきて、
めまいがでてきちゃうんですよ。
nebusoku.jpg

今回の場合はそんなに症状が強くありません。
ですが、それが長く継続して出てしまうと、
症状の強さが強くでてきます。そしてめまいも強くなってきます。
あとは肝陽上亢症のところと一緒ですね。



この肝陰虚陽亢症にあたる方を病名であげていくとすれば、肝陽上亢症ででてきたものとほぼ一緒です。

ただし、治療法は違います。
肝陰虚陽亢症にあたる方への治療方は、
末端の血行を良くして水分を補い身体を冷やす作用を正常化させる、養陰平肝という方法をとります。
してもらうのがポイントです^_^

おすすめのツボは三陰交
saninkou.jpg
めまい以外にも女性疾患では特に使うところですね。

病名にしたら同じなのに治療法が違うのは、東洋医学の独特の発想ですね。
でも、同じ人でも症状が全く一緒でもないから治療法は違って当たり前です。
その人に合わせるから楽になるんです^_^


もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com
スポンサーサイト


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

肩・首・頭部 の症状 | 20:28:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。