FC2ブログ
 
■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【肩の痛み】肩の強い重い痛み



こんにちは!
今日は台風ですね
こんな日は頭痛の方は辛くなるんですよね(~_~;)
早く過ぎ去りますようね。
外出の際は、くれぐれもお気を付け下さいね。
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です


さて、今回も「肩の痛みシリーズ」です。

今日は、痰湿による肩痛、肩の強い重い痛み・長くとれない痛みについて診ていきましょう。

痛み方は
○強烈
○重い


他の症状として、
○動かすと痛みが強くなる
○冷やすと痛みが強くなる
○温めると一時的に痛みが軽くなる

 ただし、一時的に楽になるだけで時間が経つと元に戻る
○痛みが強いため、寝れず、睡眠時間に影響が出ることも…
○痛みが強いため、汗をかくことも…
○そして体力が削られるため、気虚症状がでます


という方は、東洋医学で診ると、痰湿の邪による肩痛とされています。

kata.png

簡単に説明
肩を冷やしたり・風邪にずっとあたっていたことによりでる肩の痛みですが、
(ここまでは風寒の痛みと一緒 → 風寒の肩の痛み
そこに湿(簡単にいうとむくみ)が加わることによって、症状が悪化し長引きやすくなっています。

さらに痛みが強烈なため体力が削られ自分の身体だけだと治すのが難しい状態です。

治し方
去寒湿という、痛みを取る方法と
補気血という、身体の体力を戻す方法
を同時に行います。

セルフケア
温めた状態で動かすようにすれば多少楽かもしれません。

が、根本的には自身での回復は難しいでしょう。
なってしまった場合は、治療できる先生に相談しましょう。

肩を温める・運動をしておくと予防になります。


少しでもこのブログを見てる方が楽になりますように

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com
スポンサーサイト


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

肩・首・頭部 の症状 | 23:21:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。