FC2ブログ
 
■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
腰痛の方向け 多裂筋ストレッチ


こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

前回の腰を曲げた時に痛い方の解消法をお伝えした際に
多裂筋のケアについてお話ししました。  
   まだ見てない方はこちら → 腰を曲げた時に痛い 解消法
この多裂筋がしっかりと動いているかいないかで、腰の動きが違くなるんです!

なので、今日は多裂筋のお話です

まず多裂筋とは、
多裂筋
首から腰までこのようについている筋肉です。
30個からなる背骨を編むようについている筋肉なんです。

まっすぐ積んだ積み木の横を補強してくれているゴムとでもいいましょうかね^_^;
積み木普通
このように積んであるものを
積み木
こんな感じでテープで補強するイメージ!頑丈そうでしょ
伝わります?^^;

背骨を支えてくれてる重要な筋肉なんですね^_^

この筋肉が使えなくなると…
背骨が支えられず常に背中や腰が痛くなったり。
ガチガチになっていると上手く腰や背中が曲がらず
(前回の記事ではアーチができないと表現してます)痛みがでてしまいます

だから、この筋肉は適度に使えて適度に柔軟性があることが必要なんですね!
逆に使えて柔らかさがあると、背中の動きがスムーズになるので、腰や背中の痛みがないのはもちろん
スポーツをしている方はとてもパフォーマンスが上がったりします



では、ケア方法を!

と言いたいのですが、多裂筋の重要性を話していたら、長くなってしまったので
ケア方法は次回!
次は必ず書きます
スポンサーサイト


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

腰 症状 | 22:23:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。