■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
腰痛の方向け 多裂筋のケア方法


こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

さてさて前回は多裂筋のケアを紹介しようと思ったら、
多裂筋が何をしているかのお話が長くなってしまいました。
でも、多裂筋が何をしているかを理解しておくだけでケアの効果が
全く変わってくるので是非読んでくださいね(@^^)/~~~   → 多裂筋がなにをしてるか

そして!今回は多裂筋のケア方法です!
多裂筋リアル
こんな感じでついている筋肉でしたね

いくつか載せます

①腰をひねるストレッチ
捻るストレッチ
仰向けに寝た状態で手を広げ、右脚をあげ、左に倒します。
腰が捻るような態勢になります。
腰が伸ばされて気持ちいいです(^v^)
お風呂上がりに20秒×左右2回ずつ程度伸ばすと良いですよ。

②腰を反ったり、丸めたりする運動
胸腰2
↑のように四つん這いの状態で、腰を反ったり丸めたりします。
多裂筋の動きが悪いと、丸めた時に画像のような滑らかなカーブを描かなくなります。
この動きをしているとだんだんとカーブを描くようになり、腰の動きが改善します。
毎日10回ほど動かしましょう。

③多裂筋のトレーニング
ハンドニー
四つん這いの状態から、片手と逆足を同時に上げる方法です。(ハンドニーと言います)
上手く使えていない多裂筋を動かして使えるようにしていく方法です。
片手片脚をあげてから5秒間×左右5回ずつ行いましょう。


さて、ひっぱっといてなんなんですが…
実は多裂筋は腰から首までついている筋肉なので、これすれば良し!というケア方法をお伝えできません
腰のケアが必要な人もいれば、腰よりちょっと上のところのケアが必要な人もいます。
ストレッチが必要な人もいれば、トレーニングが必要な人もいます。
なので、人それぞれケア方法が違うため、ここでは正確にお伝えすることができないのです。

なので、1週間ずつ試してみて変化をみて自分に合ったものを探すか、専門の方に身体の状態をみてもらい必要なケア方法を教えてもらうのが良いですよ(←個人的にはこちらが早いのでお勧めです)(^^)

みなさんの腰痛など困りごとを解消する方法は必ずあります!
是非試してみてくださいね(@^^)/~~~

ご質問があれば、ご連絡下さい↓
kane2458@gmail.com
スポンサーサイト


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

腰 症状 | 18:38:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。