FC2ブログ
 
■プロフィール

兼元 研太

Author:兼元 研太
治るかもしれない!

様々な症状をお持ちの方のなかには、
医師から
「歳だから…」
「安静にするしかない…」
などと話をされ、
【じゃあ、しょうがない】
と思っている方が多いと感じます。
このブログを読むことで、
「あれ?じゃあ私も治るのかも?」
と思って頂けると嬉しいです(^O^)

そのきっかけはまず知ることです。
さぁ!読んでみましょう!
(分からなかったらコメント・連絡をください)

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東洋医学


こんにちは!
身体の悩み解決アドバイザーの兼元です

今日は治療に関するお話をしようと思います!(^^)!

治療には大きく分けると、
西洋医学の治療と、東洋医学の治療があります。

例えば、
西洋医学は
○○の病気なら△△の薬。   とか、
貧血なら鉄剤。   や   靭帯損傷ならアイシング・安静・手術など

いわばA=A、B=Bと
処方が決められた治療の仕方をすることが多いです。


東洋医学は
例えば、ひとえに
貧血といっても、生活の仕方・睡眠・食事・消化器の状態・血行の状態
など身体のいたるところをみて、
治療方法を決めていく、治療方法です。

だから、同じ症状でも治療方法が人によって異なります。
また、その時その時の身体の状態に合わせていくので
同じ方でも治療方法が毎度違う事があります。

だから私はこの東洋医学という治療方法が好きです
その方の生活や全体の状態や、環境をみながら治療していく。
そして、皆の力になれればと思います

そして東洋医学の見方は私の得意とする見方です
顔や話し方・性格なんかも診るんですよ(^^)
身体を診ると性格も分かるので、患者さんからは「当たりすぎてて気持ち悪い!!」と言われますが…苦笑

身体と心はつながっていますからね。
身体が傷つけば、心も傷つきます。
心が病めば、身体も病むんですよ。

だから、ゆっくり話を聞きながら治療していきたいと思います


今度からは、この東洋医学にも触れつつブログを更新していこうと思います

もし質問などあればいつでもお役にたちますので
お気軽にご連絡下さい(^^)
kane2458@gmail.com
スポンサーサイト


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

治療の話 | 23:26:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。